気錬会・合気道の紹介

合気道について

日本伝統の多くの武術の修練を行い、その奥義を究めた植芝盛平先生(1883~1969)がさらに精神的な修行を行って創始した現代武道が合気道です。 合気とは「心の和」「気の感応」などを表す言葉であり、合気道は長い歴史を有する東洋哲学とその実践行法を背景とした「動く瞑想法」「動く禅」であるとも言われています。 合気道は、一般のスポーツとは異なり、いたずらに相手と力で争い敵を破ろうとするものではありません。 入身と転換の体さばきから生まれる技は相手の暴力を制するもので、相手の生命を殺傷しようとするものではありません。 合気道の目的は相手と相和して切磋琢磨を図り、心身の練成を図る事にあります。

合気道が「和」の武道であると言われる所以もここにあります。


合気道は競技としての試合は行いません。

合気道は互いの習熟度に合わせて技を繰り返し、反復しながら稽古する事によって、自然の理法にかなった無理の無い動作が自然に出来る様にする事を特徴としています。 このような絶対的なものを得るためには、相手と対立して勝敗という相対的なものを意識することがないように稽古を行う必要があります。 このような稽古法は日本人が古くから最も重要視してきた日本の伝統的稽古法であり、心身鍛錬法として最も理想的なものと言えるでしょう。

現在、子供から年配者まで、また男性・女性を問わず合気道の愛好者が増えています。 これは合気道の動きが合理的で無駄がないために特別に筋力を必要とするもので無く、誰でも稽古が出来るということを裏付けています。 稽古を通じて養われる機敏性は、日常生活においても自然と活かされ、てきぱきとした動作になりますし、合気道の稽古の過程で得られる自信・安定した精神は日常生活にも反映されていきます。


4

当会名誉師範多田宏九段


気錬会について

東京大学合気道気錬会は東京大学所属の非インカレサークルです。

週三回約二時間の稽古を毎週行っています。 参加は自由で、自分のスケジュールに合わせた稽古が可能です。 第一体育館一階柔道場とコミュニケーションプラザ三階で豊富に稽古時間を確保しているため、熱心な方は自分の満足のいくだけ合気道の稽古に励むことが出来ます。


また、上下関係も厳しくないため、アットホームな雰囲気で稽古に励むことが出来ます。

合気道開祖植芝盛平先生の直門、合気道九段の多田宏先生を名誉師範にお招きし、また当会初代主将の雑賀師範として土曜稽古や合宿中ご指導いただいております。 平日稽古も有段者である指導学年(3年生)の先輩方が工夫して行ってくださるので、稽古を積めば誰でも着実に上達します。

気錬会は東京大学の合気道団体では唯一財団法人「合気会」に所属しています。 この法人には世界の合気道人口の9割、日本の8割が所属しており、文科省の公認団体でもあります。 したがって大学を卒業してからも各地の道場で稽古を続けることができます。 気錬会では二年の夏に初段を取得することを目標に稽古しております。これは国際資格でもあり国外の合気会系道場でも利用できます。


気錬会の一年

一年を通じて様々なイベントがあります。

4月
新歓練習会
合気道の技とサークルの雰囲気を体験できます。
4

5月
道着ツアー
ここで初めての道着を購入します。
五月祭演武会
気錬会の先輩方やOBOGなどの迫力ある演武を見ます。
5

6月
新歓旅行
昨年度は奥多摩に行き、BBQもしました。

8月
8days
中休み1日を挟んだ8日間連続の稽古です。
夏合宿
1年生の多くはここで3級審査を受けます。2年生の多くはここで初の昇段審査を受けます。
8

11月
駒場祭演武会
1年生も初めての演武となります。日々の稽古の成果を確認できます。

11
12月
追い出しコンパ
4年生を中心とした稽古ののち、コンパを行います。

2月
スキー合宿
昨年度は行いませんでしたが、今年はあるかもしれません。
2

3月
春合宿
1年生の多くはここで1級審査を受けます
3

体験稽古はいつでも受け付けております。 興味のある方はぜひいらしてください!