よくある質問

Q.1 初めてでも大丈夫ですか?
A
問題ありません。気錬会に入るほとんどの人は合気道初心者です。 また有段者の先輩が丁寧かつ合理的に教えてくれるため、初心者でも着実に上達することが出来ます。 合気道は力で相手をねじ伏せるようなものではなく、うまく力をコントロールして技をかけられるよう稽古しております。
本格的な運動経験がない方でも上達できるようにと名誉師範が工夫された稽古ですので、安心してご参加ください。


Q.2 どのくらいの参加が求められますか?
A
毎回の稽古への参加は任意ですが可能な限り参加した方が良いです。 昇級・昇段審査を受けるときに目安となる稽古日数のために平均すると週1日、2日の参加が必要と言われております。 任意参加のため、しばらく参加しない会員もいますが、復帰の際は温かく受け入れてもらえます。 審査要件として稽古日数があるため、審査の直前は調整して多めに来る人もいます。


Q.3 人数はどのくらい居ますか?
A 各学年5〜10人程度です。 先輩も含めて、全員と親しくなるには丁度良い人数だと思います。


Q.4 女子率はどのくらいですか?
A インカレ(他大学の会員を受け入れている団体)ではないため東大の女子率とほぼ同じですが、年によりばらつきがあります。


Q.5 年間どのくらいお金がかかりますか?
A
入会初年度の必要経費の目安は以下の通りです。
年間活動費
:5,000円(行事や備品、懇親会などの費用に充てます)
道着購入費
:9,000円前後(1着、合計2着持っていれば必要ございません)
スポーツ保険(任意)
:1,850円
合気会入会料
:8,800円(会員証は他の合気会道場でも使えます)
審査料
:3,300円(級)
合宿費用(参加任意)
:40,000円前後(1回につき)
道着は一度買ってしまえば長く使えますし、合宿も年二回で参加自由のため大きな負担とはならないと思われます。


Q.6 上下関係や出席の有無に関して厳しくはありませんか?
A
どちらも厳しくはありませんが、上達にはある程度の参加は必要と思われます。 多くの会員は授業のため全ての稽古に出ることはできませんが、参加している方の方が上達は早いです。
基本的に3年生が指導、2年生が事務作業を行なっており、会員全員で協力しています。 礼儀作法については一般的に求められるレベルの礼節を持っていれば気になる事はほとんどないかと思います。


Q.7 試合はありますか?
A 勝ち負けのある試合はありません。 大会と似ているものとして日頃の稽古の成果を見せる演武会がございます。


Q.8 イベントなどはありますか?
A
6月頃に新歓旅行を行う予定です。
また、夏のエイトデイズという集中稽古では構成員の要望によってイベントを企画します。 春夏には合宿を行い、合宿の他に2月にスレン会というスキー旅行をやることもあります。 全てのイベントは参加自由です。


Q.9 合宿は参加必須ですか?
A
合宿ならではの稽古や昇段級審査もあるため、日程に問題がなければ参加してほしいです。 部分参加もできます。
なお昇段級審査の合宿以外での実施は可能なため、来られなくとも審査は受けられます。


Q.10 飲み会などはありますか?
A ありますが自由参加となっております。 参加した場合でも飲酒の強要はしませんので各自で考えて飲んでください。


Q.11 いつ引退ですか?
A 基本的には3年生で運営からは退きますが、4年生以降も稽古に参加している人もおります。 卒業後もOBOGとして稽古を続けることも可能であり、気錬会の関連道場で稽古する方もいます。 大学院生になってから入る方や2年生で入会する方もおりますので明確な引退はございません。


Q.12 気錬会という名前はどこからきているのでしょう?
A 「気の錬磨の会」の略称ですが、「気を錬る会」とも言われております。 動く瞑想法としての合気道を稽古しております。